448115 -

[ワード検索] [過去ログ]

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ

梧桐学 「今日の短歌」2004年以降の短歌
偶然と必然   曽我簫白、中島潔      旧友   鴉の塒
軍事   肉体   三日月の実像   台風   雀、宇宙
男とは   世界経済   古代史   行方不明者   記憶
紫陽花   悲鳴   入梅   ある旋律   部分月食
ニュース   虚無感   茶臼山高原の芝桜   宇宙、同性婚   花、三日月
金星   三日月   風呂上がり      サフィニア
運命   平和の願い   願ひ   カーテンのレース   未来
     悲惨   つつじ   ハナミズキ
 新着の期間 日  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
雨 H21-06-29

「空梅雨(からつゆ)に紫陽花やや褪せ今日よりは一転の雨とめどなく降れ」

「干涸らびし無量の人心さまよへる地球を裹み雨は降り頻く」

---(梧桐)



遺骨 H21-06-28

「焼却炉出で来し骨の骨壺に余れる多し 行方知らずも」

---(梧桐)



今日の二首 H21-06-24

「クチナシの花垂れをれどひと枝を卓上に飾り妻ご満悦」

「たまたまかお腹(なか)の大きな女(ひと)に出会うことが多くて何やらうれしい」(口語新仮名)

---(梧桐)



ジェット戦闘機 H21-06-23

「夕空を突然つんざくジェット音 戦闘機なぞ飛ばない日はいつ?」(新仮名)

---(梧桐)



今日の二首 H21-06-22

「時間軸と空間軸の接点に現世(うつしよ)はあり逸るる能はず」

「歩かずもすらりと立ちて百合の花 紅白黄(べにしろきい)にひびき合ひをり」

---(梧桐)



母と子 H21-06-21


「金網の中に子鳩が二、三羽見え金網越しに母が餌を遣る」

「川に浮く芥の上に亀が居てその背に子亀が乗りて居眠り」

「巣立ちしてなほ母に寄る子雀は喉の白さに幼さ残す」

---(梧桐)



にんじんの花 H21-09-19

「にんじんの花が群れ咲き静穏なり突如大地震(おほなゐ)襲はざらむや」

---(梧桐)



脳死問題 H21-06-18

「脳死より蘇生せし例ある限り脳死は人の死にはあらずも」

「選挙にて選びし議員に人の死の定義まで任ししつもりはあらず」

「心臓をもらひてまでも生(せい)繋ぐほどすさまじき執着はなし」

---(梧桐)



明日に夢を H21-06-17

「二十代の死因の一位は自殺といふこの国の明日に希望はありや」

「自殺者は年に三万余人にてG7中だんとつの一位を誇る」

「三万余も毎年自殺をする国が文明国家と言へるだらうか」

「武器輸出解禁さへも論じらる死の商国のアメリカ模倣し」
(「死の商国」は「死の商人」のもじり)

「軍事費が他国の合計の数倍とふ事実に米国の本質がある」


「ちらちらと日にはばたきて番(つがひ)の蝶もつれ合ひつつ昇天しをり」

「青々と大玉小玉の紫陽花がひしめき合ひて窓際を占む」

---(梧桐)



衰え H21-06-16

「大輪の紅薔薇がはや嬌艶の果のけだるさ見せてうつむく」

「群れ咲ける白百合の中に時すぎてややうつむくあり肌も鈍色(にびいろ)」

「寺庭に白と紅とにかがやきゐし夾竹桃の花もおとろふ」

---(梧桐)



千年生きたい H21-06-14

「「千年も生きて何する」って? 生きたなら世界は平和か破滅かが分かる」

---(梧桐)



今日の歌 H21-06-13

「餌(ゑ)に寄りくる幾多の雀の中に一羽絶えずぴーぴーと鳴くありて愛(は)し」

「父母(ちちはは)亡く長兄も逝き次兄また身罷りて三日、奇跡を乞ひしに」

「絶滅は種(しゅ)の宿命なり人といふ種(しゅ)は例外と誰も思はぬ」

---(梧桐)



今日の一首(6月8日)

2009年6月8日

「闇に描く螢の光跡撮らむとしストロボ使ふやうな愚多し」

---(梧桐)



冤罪

2009年6月4日

「梅雨近く紫陽花は色深めゆく青葉に毒をもつ気配消し」

「冤罪にて獄中生活十七年けふ釈放の人の思ひは」

---(梧桐)



つれづれに

2009年6月2日

「北鮮の核実験と各国の反応に感ず空気のゼリー化」

「自由主義なるを誇りの米国が民間企業を国有化せり」



「ハモといふ魚は鋭き歯を持つゆゑ「食む」が訛りてかくは呼ばると」

「「ネタ」は「種(たね)」の逆読みにして普及せりされど微妙にニュアンス違ふ」

「「チクる」といふ俗語の「チク」は口(くち)が元 逆読みにして「チク」になししと」

「「ガサ入れ」の「ガサ」は「探す」が元なのか逆読みすれば「ガサ」とはなるが」

「「あたらし」は「あらたし」の「あらた」を逆読みす されど「あたらな物」とは言はず」


「ツクツクホーシかホーシツクツクかを真剣に論争するほど日本は平和」



母子雀


2009年5月31日

「子雀は羽根地にこすりねだりをりパン屑つひばむ母に寄りつつ」

「身の丈は違はぬわが子に口移しに餌(ゑ)を遣る雀 母なればこそ」

---(梧桐)

写真は動画からのキャプチャ画像です



近詠五首

2009年5月23日

「海賊が一つの職となり果てしソマリアとふ国 世界はどうする?」

「稲ならず麻薬生産で食ひ繋ぐタリバーンといふ狂信の人ら」

「前大統領の自殺を報ずるテレビまた新聞見つつアスパラかじる」

「自殺するほどの苦悩の在る世には緑あふるる季節もあるなり」

「国のこと世界のことを憂ひつつ味噌汁すすり豆腐食みゐる」

---梧桐



国民

2009年5月17日

「雀らが子育てをする軒先に猫出没す 民はどうなる」

「濃緑の葉陰にひそと柿の花ひらきて穏し 国もかくあれ」

---(梧桐)



飛行機雲ほか

2009年5月15日

「広がりゆく飛行機雲の真ん中を新たに細く伸びゆくもあり」


「現代は人生百年時代とぞされど生くるは<今>とふ瞬間」

「<今>といふこの瞬間の消ゆることすなはち<死>なりと知りて迷はず」

---(梧桐)



戯言(たはごと)

2009年5月10日

「ヴェランダに放置状態の菖蒲なり年々花の数増して愛(は)し」

「五月晴れの蒼空邃しその果に華の三千世界を蔵して」


「核軍縮→核廃絶は理想論などとの戯言(たはごと)がそれを阻害す」

---(梧桐)



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m38 :Edit by Yamamoto -