448104 -

[ワード検索] [過去ログ]

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ

梧桐学 「今日の短歌」2004年以降の短歌
古代史   行方不明者   記憶   紫陽花   悲鳴
入梅   ある旋律   部分月食   ニュース   虚無感
茶臼山高原の芝桜   宇宙、同性婚   花、三日月   金星   三日月
風呂上がり      サフィニア   運命   平和の願い
願ひ   カーテンのレース   未来      
悲惨   つつじ   ハナミズキ   花水木   花水木、鳩
燕、太陽      桜、花水木   金星   さくら
隣人   軍備   鬼岩公園   隣人の死   生・滅
 新着の期間 日  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧
不条理 2011/01/29(土曜)

「解(げ)せぬのは寺院が永らく定めゐし女人禁制とふ不自然な法」(梧桐)


「九秒前の太陽しか見えぬが国の明日の姿が見えないほど不条理ではない」(梧桐)



生きゐる証2011/01/27(木曜)

「喜怒哀楽味覚触覚嗅覚など生きゐる証ゆゑに尊し」(梧桐)

「恋人の死に号泣する青年あり、うんと泣け泣けテレビなれども」(梧桐)

「結末が生別か死別の小説やドラマはなぜか余韻嫋々」(梧桐)

「アメリカの映画の多くはハッピーエンドだから何だか軽く思える」(梧桐)

「娯楽映画などとは笑止 意味もなき殺戮シーンの多きに辟易す」(梧桐)



ひよどり 2011/01/24(月曜)

「おぼろなる満月に見る兎の影なにを悲しむ泣き顔をして」(梧桐)

「キェヱーと素っ頓狂な声あげて目前(まさか)を瞬時に翔け去りし鵯(ひよ)よ」(梧桐)


「古びたる核弾頭のいくつかを廃棄し核を減らしたと報ず」(梧桐)

「武器の在庫ダブつきをればアメリカは侵略爆撃あらたに始めんか」(梧桐)

「在る武器は使わねばもったいないと思ふらし 無条件に放棄すればよいのに」(梧桐)



大雪 2011/01/24(月曜)

「厚らかに裏の小寺の屋根覆ふ雪がなだれてどさどさと落つ」(梧桐)


「まれなれば二十センチ超す積雪のうれしかりしがはや消えて虚し」(梧桐)

「二十センチ超す積雪はすぐ消えて電子写真にしろじろと残る」(梧桐)



素数 2011/01/21(金曜)

「悩むことはなけれど2011は素数のひとつ故に拘る」(梧桐)

「常よりは冷ゆる冬にて去る夏が猛暑なりしをなつかしみをり」(梧桐)

「君に問ふ一億光年と測られし星の現時点の距離はいかんと」(梧桐)



2011/01/16(日曜)

「熱心に折込み広告を調べゐし妻はお買得よとメモリー薦む」(梧桐)

「見知らぬ品示してこれも買得品なりきと妻言ふ言訳のやうに」(梧桐)



寒し2011/01/12(水曜)

「このごろまた寄り来る雀の増えしより近くの柿に実の尽きし知る」(梧桐)

「うなりつつ寒風吹く朝雀らはいづくにいかに生き延びゐるや」(梧桐)

「「そのうちに花ふえるわ」と妻が植ゑしパンジー氷雨にちぢこまりゐる」(梧桐)



冬の雀2011/01/10(月曜)

「夜の風が寒くすり抜くる裸木(はだかぎ)の枝枝に多(さは)なる雀ら眠る」(梧桐)

「葉隠れに群がり眠りゐし雀らが枝のみになりても来て眠るあはれ」(梧桐)



小学生のころ・・・ 2011/01/09(日曜)

「西方に小川がありて鮒などを捕るなどせしがあまりにも昔で」(梧桐)

「友と駆けし路地なり細くて蛇に化け折々脳裏に浮かぶ可笑しさ」(梧桐)

「路地に沿ひ映画館また銭湯のありしなど妙に思ひ出されて」(梧桐)

「日々通ひし小学校までの道筋がどうしても辿れぬ町変り果て」(梧桐)

------------------------

「妻が少々寝込めばいろいろ不便にて妻のありがたさを改めて知る」(梧桐)



南天 2011/01/07(金曜)

「正月もまだ七日といふに米国の核開発暴走聞くは悲しゑ」(梧桐)

「核廃絶どころか開発へ暴走し米国は人類の敵となりゆく」(梧桐)


「元日の供花に添へられし南天の七日のけふもつやつやと赤し」(梧桐)



雑感 2011/01/05(水曜)

「つくづくと火事多き国を憂ひつつ自らに言ふ出火厳禁と」(梧桐)

「飛行機は安全とさへ聞くなれど事故は多くて悲惨さ格別」(梧桐)



大晦日 2010/12/31(金曜)

「これほどの濃霧は珍し目をこすりぼんやりとする夜景に酔へり」(梧桐)

「すりガラスの窓外異様に明るみて今冬初の雪の朝なり」(梧桐)

「瑕疵あるも誠心誠意に務めなば間然する所なしと思へど」(梧桐)

「それぞれに男孫女孫(をまごめまご)ら伴ひて長男次男が帰省して賑やか」(梧桐)

「まだ知らぬ月日美しと言ひ得るほどしつかりと前を見据ゑてはをらず」(梧桐)

「またしても大晦日なり顧みて現身(うつしみ)深くざわめくものあり」(梧桐)



冬雷 2010/12/28(火曜)

「人はみな他人(ひと)死なば悲し皆いづれ死ぬと知りつつ 冬雷ひびく」(梧桐)



平和ボケ2010/12/26(日曜)

「二,三片ちらつきしのみの雪なれど脳裏にいまだに螺旋をゑがく」(梧桐)


「「平和ボケ」を今は批難に使うけど笑って言える世に早くなれ」(新仮名)(梧桐)



心眼 2010/12/24(金曜)

「戦争の勃発危機が叫ばれてもソウルの民らはそを信ぜずと」(梧桐)


「認知症で言葉失ひしご老らが童謡などには発声なすとふ」(梧桐)


「聞くよりは見るがまされば見えざるは心眼をもて透視なすべく」(梧桐)



サラ・ブライトマン2010/12/23(木曜)

これほどの精妙な歌声を聞くのは初めてで・・・
「澄みとほる天女の声にて独唱するサラ・ブライトマンを真夜にし聴けり」(梧桐)



香煙 2010/12/22(水曜)

「あたたかき冬至と言へど西つ方遙かな伊吹山(いぶき)は冠雪に輝(て)る」(梧桐)

「かの昨夜(よべ)の皆既月食を隠したる雲払はれて冬至の満月」(梧桐)

---------------------------------

「ゆらめける香煙の奥に並び立つ位牌のいづれが吾を如何に観る」(梧桐)



皆既月食2010/12/21(火曜)

「ああ無念! 皆既月食待ちゐし吾を笑ふがごとく雨降り始む」(梧桐)



ベトナムの悲劇2010/12/20(月曜)

「米軍が落としし不発弾がベトナムにいまだ無数に残るをいかにせん」(梧桐)

「不発弾の爆発事故が跡を絶たずベトナムの悲劇はいまだ続けり」(梧桐)

「不発弾の撤去はそれを落としたるアメリカがすべしと誰しも思ふ」(梧桐)

--------------------

「物象は極微にはじまり限りなき極大を占む 人の心も」(梧桐)

「びっしりと脳を覆へる神経網意識するなくわれら思考す」(梧桐)



東京都、東・京都 2010/12/19(日曜)

「東京都はすなはち東・京都(ひがしきょうと)なりとこの歳にして気付く迂闊さ」(梧桐)

元々京都に御所が在るわけだし・・・
「東京都はつまりは東・京都(ひがしきょうと)なら皇居は本来は京都に在るべし」(梧桐)



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m38 :Edit by Yamamoto -