412057

[ワード検索] [過去ログ]

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ

梧桐学 「今日の短歌」2004年以降の短歌
秋深まる   屋上   寒気団   冬の冷え   雑詠
家庭   雲と月   たますだれ    南京櫨   群鴉
黄花コスモス    脳内    稲穂田   つひの緑   いびつなる月
曼珠沙華   魂魄、ほか   検事   量子コンピューター   タコ焼き屋
ロボット兵器   怨霊   混沌   耐性、またサーチライト   縁者・知人らの死
八月逝く   線香花火   救世主   満月の虹   孫ら
思ひさまざま    くらげと霊魂    飛行機   貧富の差   W杯サッカー カメルーン戦 他
紫陽花ほか   夢路   風鈴   名刹   ビル
 新着の期間 日  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

今日の一首

「四十年ここに住みきて今朝初めて鴬が鳴くを聞きたりうれし」(梧桐)

2010/03/14


今日の一首

「牛や豚よくて鯨やイルカだめと欧米は言うが偏見なのでは?」(新仮名)(梧桐)

2010/03/14


今日の三首

「人間は生まるるも死ぬもひとりと言ふされどひとりで生くるにあらず」(梧桐)

「自己知るはもつとも困難と説く君よ自死する人の心は解かるのか」(梧桐)

「温暖化のあかしは多しと思へるになほ寒冷化を唱ふる人絶えず」(梧桐)

2010/03/11


悲しき予感、ほか

「真善美愛夢などの語を好む日本人なり異色だらうか」(梧桐)

「鬱病に悩むは国内に七十万人(ななじふまん)いづれも自殺願望者とぞ」(梧桐)

「生命(いのち)とは儚きゆゑに切なかり吾が身辺よりつぎつぎと消え」(梧桐)


「花びらは木々より消えて脳内の宇宙にきらめき思考を刺激す」(梧桐)

--------------
◎未来への悲しき予感・・・:

「兵器とは持てば使ふもの持たざれば平和を求む 自明の理なり」(梧桐)

「核アレルギーなどと嗤へる連中は核抑止力とふ虚妄に狂ふ」(梧桐)

「米軍の核持ち込みを認めんとの暴論さへ飛び出す 日本堕ちたり」(梧桐)

「抑止力の名のもとアメリカの軍備域がじわじわと日本を侵す構図なり」(梧桐)

「中国はアメリカの脅威に備えんと年々軍事力を強化してゆく」(梧桐)

「中国はわが国内の米軍を最も脅威と感じて憎む」(梧桐)

「アメリカは対中戦略にわが国を最前線と位置づけてをり」(梧桐)

「911同時テロ受け凶暴化せしは本土を傷付けられし故」(梧桐)

「中国は対米戦争にまづ日本を潰さんとせん 基地ある限り」(梧桐)

「アメリカは対中戦争にわが国を踏みつけになさん 本土守るため」(梧桐)

「生き延ぶる道は軍事的中立のみとあらためて日本の選択を祈る」(梧桐)

2010/03/10


幻視

「三月の寒の戻りにゆさぶられ空の彼方に桜がふぶく」(梧桐)

2010/03/08


今日の四首

「面白しテレビで日本の天気図に北方四島が常に入れらる」(梧桐)

「上空を風すさぶらし長大なる白雲飛散す一画(いっくわく)歩く間に」(梧桐)

「ありしはずの地球儀捜せど見付からず脳裏でむなしくくるくる回す」(梧桐)



「大学への拳銃携帯は普通というアメリカという国を君どう思う?」(口語新仮名)(梧桐)

2010/03/03


今日の五首

「異常気象異常地震の続くのはなべて温暖化に主因のありや」(梧桐)

「またしても巨大地震が地を襲ふ人らの放恣に天が怒るとも」(梧桐)

「二万キロ弱離るるチリより粛粛と津波の寄せ来 地は繋がれば」(梧桐)

「日本より真東に行けばチリに着くと思へば何やら親しさも湧く」(梧桐)

「五輪の喧噪、津波騒動去りしあとに残るは政情不安と不況」(梧桐)

2010/02/28


水仙

「路地脇に群れ咲く水仙の小花らをけふの心の蛍火とせむ」(梧桐)

「久し振りに妻と歩むに風はまだ冬のものなり 日向を選ぶ」(梧桐)

「わが二階のベランダに咲く水仙の黄のひと花に深く安らぐ」(梧桐)

2010/02/18


今日の雑詠十首

「生きてゐてこその人間、死にすれば肉も心も消えておしまひ」(梧桐)

「輝かん希望に膨らむその胸を凶刃が深く貫きしとぞ」(梧桐)

「胸深く抉られし女性(によしやう)の絶叫は果なき夜空のいづくさまよふ」(梧桐)

「殺すとは人を物体に変ふること。いかなる人にもその権利なし」(梧桐)

「人命を奪ひし人は一命にて償ふほかに道なしと思ふに」(梧桐)


「バンクーバーをハンバーガーと茶化す人テレビにをりて口ゆがむ見ゆ」(梧桐)

「バンクーバー冬季五輪に渦巻くは世界の活力の熱気なるべし」(梧桐)

「競ひ合ふトップ選手らの緊張と気迫が凛々とテレビ画面に」(梧桐)

「限界に挑みては屈する選手らにあはれさよりは充実感見る」(梧桐)


「むらむらと湧きしが雲は疾く消えてあとに青空ぽかーんと邃し」(梧桐)

2010/02/17


ダムかムダか

「「ダム」という文字を見るたびつい「ムダ」と誤読する癖が知らぬ間につく」(新仮名)(梧桐)

2010/02/16



「星観れば地表のごたごたがあまりにも瑣末に思へて泣きたくもなる」(梧桐)

「ベテルギウスすでに爆発してをるやも600光年かなたにありて」(梧桐)
(ベテルギウス=超新星爆発が予想されている星)

2010/02/12


甍また癌死

「暮れはてし窓外見るに尼寺の甍が鈍く灯に照りて雨」(梧桐)


「癌死して25年経てもその女(ひと)の細胞は生き増殖止めずと」(梧桐)

「癌死せし女(ひと)の細胞が25年生き継ぎ研究に資して来しとぞ」(梧桐)

2010/02/11


冬雷

「とつぜんに空気ふるはせ冬雷の鳴りて夜の雨はげしさを増す」(梧桐)

2010/02/10


群鴉

「滝壺に水躍るごとし暁闇の奥にて群鴉(ぐんあ)がいっせいに叫びて」(梧桐)

2010/02/09


今日の雑念

「郵便の誤配や宛先誤記などが多きは世の中弛緩するゆゑ」(梧桐)

「あるべき物なくて記憶を脳内にさぐれどむなし 脳痒くなる」(梧桐)

「込み入れる物事いっしんに考ふるほどにその解逃げて掴めず」(梧桐)

「首相の言ふ「命を守る政治」とはつまり何かを何とかすること」(梧桐)

「人生とは、真とは、善とは、愛するとは、などなどわれきみ若かりしかな」(梧桐)

2010/02/07



「漏れきたる薄日が当たり雪片のきらめきしあとビル影に入る」(梧桐)

「屋根に積みし雪の純白を背景になほ粉雪の灰色に降る」(梧桐)

2010/02/06


抑止力とは?

「隣国とは仲良くすればよいものを<抑止力>の名で緊張高める」(新仮名)(梧桐)

「これほどに米軍基地があることの異常に気付こう 主権国家だろう?」(新仮名)(梧桐)


「沖縄出の議員の痛切な訴へさへ<抑止力>の名で圧殺せんとす」(梧桐)

2010/02/05


空と雲

「雨雲を押し広げつつ冬の空みづみづしきが現れはじむ」(梧桐)

「たちまちに雨雲消えて空広し地平の残雲白くかがやく」(梧桐)

2010/02/03


かなしき地球

「二千億の二千億倍の星が浮く宇宙を思ふかなしき地球にて」(梧桐)

2010/01/30


蝋梅

「路地などにも香り立つ中公園のトイレの横の蝋梅豪華」(梧桐)

2010/01/29


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m38 :Edit by Yamamoto -