433992

[ワード検索] [過去ログ]

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ

梧桐学 「今日の短歌」2004年以降の短歌
秋深まる   屋上   寒気団   冬の冷え   雑詠
家庭   雲と月   たますだれ    南京櫨   群鴉
黄花コスモス    脳内    稲穂田   つひの緑   いびつなる月
曼珠沙華   魂魄、ほか   検事   量子コンピューター   タコ焼き屋
ロボット兵器   怨霊   混沌   耐性、またサーチライト   縁者・知人らの死
八月逝く   線香花火   救世主   満月の虹   孫ら
思ひさまざま    くらげと霊魂    飛行機   貧富の差   W杯サッカー カメルーン戦 他
紫陽花ほか   夢路   風鈴   名刹   ビル
 新着の期間 日  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

2008年2月6日

「<源氏物語>完成してより一千年王朝の華は咲きて散るなし」

---梧桐



2008年02月03日

「節分の日に初雪の積もりたり奇跡のやうに屋根白き寺」

---梧桐



2008年02月02日

「カラスの声澄みてカ-とは誰(た)が決めし時にはガ-ともギャ-とも聞こゆ」

「無秩序かつ貪婪の鳥のやさしさに鴉ら整然と夕空に舞ふ」


ブッシュの失政の跡を継ぐのは誰?・・
「尻拭い大統領とは言いますまい黒人白人のいずれが継ごうと」(新仮名)

---梧桐



2008年01月29日


「捨てられし菓子を銜へて目前(まなさか)を飛び立つ鴉の眼光するどし」

「巣作りの小枝を嘴(くち)にてちぎりしが迂闊にも落とし鴉きょとんとす」

「凶鳥と言へど鴉の夕空をゆらりと翔けゆく姿うつくし」

---梧桐



2008年01月27日

「雀子ら餌あさる中へ鵯(ひよ)の来て追ひ散らす見き悪夢のごとく」

「二度あらば三度あらむと誰(た)が言ひき 嘴(くち)白き鴉を再(ま)た見たりしが」

「宮の杜いまは鴉の栖(すみか)と化し鳴き交はす聞けばそれぞれの声」

---梧桐



2008年01月19日


「真夜中に消防サイレン近づきて停まれば不安が脳裏をよぎる」

「道ひとつ隔つる家が出火せり猛煙のあと火柱を噴く」

「燃えさかる家の消火はプロに任せ寒き屋上に出て撮りゐたり」

---梧桐



2008年01月17日

嘘のような本当の話・・・:
「双子にて養子養女に生き別れ逢へば恋して結ばれしとふ」

「双子にて養子と養女で成熟し恋して結婚 そのあとの惨」

---梧桐



2008年01月15日


「鴨たちが濁る川面を泳ぎつつひらひら見する朱の足かなし」

「川中に粗大ゴミありその上に四羽の鴨と亀日向ぼこ」

------------------

「憲法の三分の二条項を発動し参院の意思を無視するも政治?」

「野党らを説得すると言ふ首相。協議し妥協の姿勢は見せず」

「十年を期限の暫定税率をなほ据ゑ置くなら暫定にあらず」

-----------------

「間近には広告マンガの羊見え遙かかなたに雪の御嶽山(おんたけ)」

---梧桐



2008年01月13日

「新型で免疫不能のウイルスにて一億人が死ぬとはバカな」

「パンデミック……初耳なれど印象的 感染爆発などと脅すは罪なり」

---梧桐



2008年01月10日


「底さらす工事中の川に雑草生ふなびきゐたりし水草いづこ」



2008年01月09日

ボストン美術館から一時里帰りした至宝・・・:
「里帰り浮世絵展にて絵師彫師刷師の技に目をみはるのみ」

---梧桐



2008年01月06日

「殺戮が犯さるるたび切に思ふ進化は猿にて止むべかりきと」

---梧桐



2007年12月28日


「藍青の夕空高く伸びてゆく白糸ありて尖端ひかる」

「あくまでも冬の夕空は澄みわたる。人の心も斯くあれかしとぞ」

口語新仮名短歌三首:

「パキスタンに暗殺暴動起こりしとき日本は歳末のどんちゃん騒ぎ」

「餅ひとつとっても丸も四角もある。ましてや人間何でもありさ」

「60億人60億色と言うけれどテロだめ嘘だめ核兵器だめ」

---梧桐




2007年12月13日

「ネット詐欺ますます巧妙化しつつあり。その智慧をまともな仕事に生かせ」


「眼球がゆがみて視界に綾模様つくるは飛蚊症(ひぶんしゃう)、大層なる名の」

---梧桐



2007年12月12日


なるほど・・・
「本年を象徴する漢字の投票にて<偽>や<嘘>が最上位に選ばれしとぞ」

幻虹?・・・
「冬空にゆらめく領巾(ひれ)と見る雲のたまゆら創る虹の断片」

---梧桐



2007年12月 9日

「ワ-キングプアといふ語の流布に思ふ弱者は弱者の世界にのみ生く」

アメリカの権力中枢に居る人のインタビュ-を聞いて・・・
「強者には強者の思考しか出来ぬこと政権中枢の弁舌に知る」



「<携帯>が<携帯電話>の意味となるたやすさは即ちあやふさにして」

---梧桐



2007年12月 3日

「澄みとほる紅蓮の炎にもみちたる楓大樹にしづかに息呑む」

「楓紅葉(かえでもみぢ)観つつ心に真水(まみづ)満ついついかやうに濁り初むにや」

「楓紅葉(かえでもみぢ)観れば心は真澄みゆくいつもいかにも濁り易きに」

---梧桐



2007年11月30日


「PCも自動車もそう便利に慣れ故障した時の困惑焦燥」(新仮名)


「「暑い」とか「寒い」とか人は直ぐに言ふ適温範囲のいかにも狭く」

---梧桐



2007年11月28日

「幹の辺(へ)に層なす桜の紅葉の上にしづかにまたひと葉落つ」


滅多に見掛けない動物なので・・・:
「街川に溜まった汚物の上に乗るヌ-トリアだけを撮りたいけれど」(新仮名)

---梧桐



2007年11月27日


「下校する黄帽の列が歩道を埋めでこぼこしつつ延々と続く」

「学童の黄帽の列が歩道をゆくわれには過去なり国には未来」

---梧桐



[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m38 :Edit by Yamamoto -