433114 - [トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[新着][目次][ワード検索][過去ログ][「良い歌ですね!」(2005年まで分)]

梧桐学の「良い歌ですね」

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ
*--- 短歌の題名 ---*
1. 朝の散歩   夏の日差し    青春と病   歩く速さ   耳を澄まして    鈴の音    盆提灯   良歌   メ-ル   翁長雄志
2. ねむり姫   睡蓮   S L    五月の風   交換日誌    蕗の薹   水仙    老い二人    三年間は   
3. 車椅子   洗濯もの   鉄杭   妻の   点滴   麦秋   傘寿   春の息    清みゆく   枝垂れ桜
4. 脳梗塞   胸の傷跡   年賀状   冬のひかり   大根   月光   百千鳥    スタ-トペ-ジに   さざ波   淡雪
5.無情の雨   姉妹   大根   花火   秋晴れ   息子   秋風    天人菊    図書館   千の風
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

枯葉2009/10/20(火曜)

枯葉散る道端一人歩きつつ今年は何をそぎ落としゆく」(けいこ)
木々が葉を落とすように、私も心の贅肉を落としていくんだなあと感じました。


「心の贅肉を落と」す、ですかぁ。。。そのあたりが、お作からは汲めないのは惜しいですね。

添削:
枯葉散る道の端ひとり歩みゆく。心より今年は何を落とさん」(けいこ)

(いい歌ですね。)


2009/09/13(日曜)

ホ-ス持つをさなに手を添へ水をまく花から花へ虹をかけつつ」(桐子)
初夏のある日、庭の花々に水遣りをしていると、ご近所の園児と小学一年の姉妹が寄って来て手伝ってくれました。その時の歌です。小さな虹、大きな虹をいくつも作って、、、庭に水溜りも出来てしまいましたが、私も楽しみました。よろしくお願いいたします。


幼い子供たちも桐子さんも生き生きと見えて来ます。そして、花たちも・・・。
美しい、いい歌ですね。


2009/09/08(火曜)

ことごとく意見の違う妻なるに孫の話題に夕餉は弾む」(勘太郎)
普段いろいろなことで意見が違う妻だが、(それで大きな喧嘩になることはないが)なぜか、孫の話題になると話が賑やかになる。私には晩酌のお供に大いに助かるのである。


なるほどねぇ。。。

ことごとく意見の違ふ妻なるに孫の話題に夕餉は弾む」(勘太郎)

(いい歌だと思いました。)


逢う2009/08/22(土曜)

浅はかにせし約束に映り込むたいせつゆえに逢わぬひと影」(まりこ)
浅はかに逢う約束をした人と、大切ゆえに逢わない人とは別人という設定ですが、何だか分かり難いように思います。よろしくお願いいたします。

女性の、微妙で複雑な恋愛感情でしょうか?大切なひとだからと、逢いたくても逢わないようにしていることの反動?寂しさ?で、ついつい別のひとと逢う約束をしてしまった女心の微妙さ弱さ、そして悔い・・・。(たぶん、この情況は創作ですね。)

添削:
軽軽(けいけい)に逢ふ約束をせし胸に大切ゆゑに逢はぬひとの影」(まりこ)

(いい歌です。)


亡父への想い2009/08/22(土曜)

遺骨無き海軍最後の激戦地のレイテの小石を墓前に供ふ」(未歩)
64度目の終戦記念日を迎えましたが、お墓参りをする度に遺骨無きお墓に一層寂しさが募ります。その度に、レイテへの慰霊巡拝の折りに拾った小石に父を偲んでおります。もう一年早く終戦を迎えておりましたら、原爆の犠牲、沖縄戦の悲劇、東京空襲など、勿論、父との幸せな生活も夢ではなかったはずです。遺骨が還らなかった事実を後世に伝えたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

第二次世界大戦での死者数は日本人は310万人、全世界では7,000万人と言われますが、何のための戦争だったのか、特に一般の人たちにはよく解らないままですね。空しいです。こうした殺し合いは、世界のあちらこちらで今でも続いていますね。日本の場合、「もう一年早く終戦を迎えておりましたら、原爆の犠牲、沖縄戦の悲劇、東京空襲など、勿論、父との幸せな生活も夢ではなかったはずです」と。おっしゃる通りです。「遺骨無き(お父さんの)お墓」・・何とも遣りきれない思いでしょう。せめて、お父さんが亡くなったとされるレイテ島の小石を墓前に供えたと。。。

添削:
遺骨無き墓前に供ふ海軍の最後の激戦地レイテの小石を」(未歩)

(いい歌です。)


捜し物2009/08/19(水曜)

歳重ね何時も何かを捜してる居るはずの無い貴方もさがす」(いいか)
前回の入力間違いすみませんでした。何事も気を付けていても早合点やうっかりが、多くなり、脳老化を感じます。夫との思い出の中に入ると、見えない影を捜しています。


脳機能は120〜150歳くらいまで大丈夫だそうですよ?頭の回転が鈍く(遅く)なるのはやむを得ないでしょうけれど・・・。お作から、ご夫君の生前のご夫婦の中むつまじさが彷彿とします。

歳重ねいつも何かを捜している。居るはずの無い貴方もさがす」(いいか)

(いい歌です。)


爪の半月2009/08/17(月曜)

病める吾に桃をむきくれし父わかく爪の半月くきやかなりき」(ちづる)
幼い頃、風邪に臥せっていると、父が白桃を剥いてくれました。父の指はすっきりと長く、爪の半月がくっきりときれいでした。私は5人兄弟の一番上でしたので、弟妹たちの世話で忙しい母よりは、父の方が何かと面倒をみてくれていました。よろしくお願いいたします。


そのお父さんが・・・。この時期は特に、色々と思い出されるのでしょうね。いい歌だと思います。このままで


タオルケット:2009/08/01(土曜)

亡き夫の最後に使いしタオルケットは目に染む黄いろ吾を包めり」(いいか)
何時も有難うございます。このペ-ジに拙い歌でも投稿でき、添削までして頂ける事で短歌を詠む楽しみが増えました。此れからも宜しくお願致します。8月なのに朝の涼しさにタオルケットを、頭から被っていました。


ここへ来て頂けることに、われわれこそ感謝しています。ご投稿の書式ですが、
「お歌」(お名前)
の形式でお願い出来ますと助かります。皆さんにお願いしていることで、ご協力下さい。
8月に入っても、東海地方は梅雨が明けません。九州(北部)でさえそうですか。南部には、早くに関東と同日に梅雨明け宣言があったようですが、その後のことは・・・?お作、何か切ないですね。

添削:
亡き夫(つま)の終(つひ)に使ひしタオルケット 目に染むる黄にわれを包めり」(いいか)

(いい歌ですね。)


椋鳥2009/07/17(金曜)

ひと群れの椋鳥夏の朝に舞う磁石で砂鉄操るがごとく」(矢車草)
出勤のため家を出ると、朝から晴れわたる夏空に椋鳥の群れが方向を探るように右に左に旋回しながら飛んでいました。旋回するときは翼の裏が見えるので、かすかに銀色のように輝きます。子供のころ紙の上に撒いた蹉跌を、裏側から磁石で動かした様に似ていました。


添え書きの「蹉跌」は「砂鉄」ですね?お作で、椋鳥の群れを操っているのは何でしょうか。もちろん、磁力ではなくて・・・?

改作例(新仮名):
一群の椋鳥砂鉄のように舞う見えない磁力にあやつられつつ」(矢車草)

(いい歌ですね。世界の人々も何かの磁力に操られているのかもしれません・・・。)


伯母の戦2009/06/17

戦いに征きしままなる夫を待つ伯母の戦は今も終はらず」(広)
お骨もないままに夫の戦死の報せを受けた伯母は、ズ-ット待って、間もなく卒寿を迎えます。苦しい戦後を生きていると思われます。


いたましい限りですね。。。

添削:
戦争に征きしままなる夫を待つ伯母卒寿にして未だ戦中」(広)

(いい歌です。)


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24 :Edit by Yamamoto -