493035 - [トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[新着][目次][ワード検索][過去ログ][「良い歌ですね!」(2005年まで分)]

梧桐学の「良い歌ですね」

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ
*--- 短歌の題名 ---*
1.父への想い    ウグイス   義母   登山靴   口癖   ゾウに腰掛く   陽の優しさ    昔語り   秋の絵画    ガッツポーズ
2.正夢   幻の家族   お盆の後   遺影   ビ-玉   墓洗ふ   あるときは    朝の散歩   夏の日差し    青春と病
3.歩く速さ   耳を澄まして    鈴の音    盆提灯   良歌   メ-ル   翁長雄志    ねむり姫   睡蓮   S L
4. 五月の風   交換日誌    蕗の薹   水仙    老い二人    三年間は       車椅子   洗濯もの   鉄杭
5.妻の   点滴   麦秋   傘寿   春の息    清みゆく   枝垂れ桜    脳梗塞   胸の傷跡   年賀状
6.冬のひかり   大根   月光   百千鳥    スタ-トペ-ジに   さざ波   淡雪   無情の雨   姉妹   大根
7.花火   秋晴れ   息子   秋風    天人菊    図書館   千の風   カレンダ-    鼓動   冬と春
8. 春雨   白椿   交差点    夜明けの光    ヒロシマ宇品線    紅葉   早春         
9. 巣立ち   おかえりなさい       梅園   静けさを見る    春の雪   胡蝶蘭      杉の香    寒い
10. 林檎    鮠(はや)   賽糂   壁色    散水する妻   おやすみ    号令      病む   雨戸
11. 熱燗      陽射し   蝋梅の蕾   木の手摺り   ひとり言   義母      遠花火   
12.セシウム被害   朝顔の花   妻の死      おもちゃの金魚   花柄浮かぶ   新しい扉   雑草   時計   洋上慰霊に参加して
13.波のひかり   名前       温暖化   想い出   幼き頃   (新仮名)   空間   春の訪れ   洋上慰霊に思う
14.大晦日に   平均年齢    コポコポ      九十七歳   手話   十二月八日   ハロ-ワ-ク   眠る   クモの糸
15.幼子   重さ楽しむ   お盆   広島の蝉   故郷1・2   通り雨   草履    メモ紙   手術   かくせない
16.どしゃ降り    於 老人福祉センタ-   なかば   天気予報   軍事郵便      定位置   枯葉      
17.逢う   亡父への想い   捜し物   爪の半月    タオルケット   椋鳥   伯母の戦   宇品線跡    大漁旗    母の日に
18. お下がり   父母-3    一日   5月の空   文の束   鶯の声   終の棲家   義母2      住所録
19.街の風景   それは変   形見   夕陽と富士山   限り有る生命(いのち)   木々の芽   ぐるりと包む      春が漂う   ぐるりと包む
20.春が漂う   木々の芽      蕗の薹   赤い灯   雪の夜    冬鳥   花の先生   十円玉   折り紙の鶴
21.新春の風   御節準備   手術   年賀状   心の渦   冷え込んだ朝   遺書   みの虫   醒まさじと   エベレスト街道
22.復元ポイント    少女の指先    味噌汁      ふたりぶん   幸せ   番蝶   負けた   木洩れ日   りんご
23.母の死   萼あじさい   梅雨明け   あの世でも   清涼をよぶ   献血ル-ム      健康サンダル   和服ダイエットP10   よくあること - 26
24. 空も雨も   紅の薔薇   夕映え   握手   孫の机   夕日    母との別れ    確かな位置   母の想ひ   染井吉野
25.買いたい物   写真の父に   初蝶   落ち椿   雪だるま   蕗の董   ひとりぼっち      夜の雨   自己主張
26.告知されし日   手を繋ぎ   母の目   野良頭巾   墨擦り始む   雨降る   白髪   こたつで   緑茶   背伸び
27.ス-パ-に   反省   波飛沫   神無月雑詠-1   露天風呂   母の苦労   里芋の露    百度道   奥の細道 葡萄峠   蝉時雨
28. 蝉時雨      一行だけのメ-ル      日々の生活   手を握る       山寺に   姫シャラ   固まる
29.わが情け   吾果つるまで   完成   折りたたみ傘   廃線後      メ-ル   母の日傘   喪失   夜→朝
30.ビルの窓   駅の鏡   穏やかな夕暮れ   儚くて   炭火の暖   リズム   ひとひらの黄落      冬至を過ぎて   湯船
 新着の期間  [5ページまでの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

冬のひかり 2017/01/11(水曜)

> 眠る児の頬に静かに満ちてゆく冬のひかりよ祈りのように(あざみ)
> 障子>「眠る児の頬に静かに満ちてゆく冬のひかりよ祈りのように」(あざみ)
>障子を通したひかりは優しくとても神々しく感じました。宜しくお願いいたします。

とても佳い場面を詠まれましたね。

添削(新仮名):
「障子越しの冬のひかりが眠る児を静かに包む 慈母観世音」(あざみ)

(いい歌ですね。)


大根2016/11/06(日曜)

>「大根の青首おろせば青白き汁輝きぬ紅葉冷えの夜」(あざみ)
>今日は風が冷たい一日でした。甘い大根おろしが食べたくなりました。甘くはなく辛かったのですが。宜しくお願いいたします。

季節は、急速に晩秋から冬へ向かっていますね。「紅葉冷え」は、あざみさんの造語ですね?

添削:
「大根の青首おろせば青白く汁輝きぬ紅葉(もみぢ)冷ゆる夜」(あざみ)

(読むからに冷えてくる感じがするお作、いい歌ですね。)


月光2016/08/16(火曜)

>「床覆う月光の海に一歩踏入りて亡父母迎こう」(あざみ)
>迎え盆の夜、月光がきれいに差し込み、青い海のようでした。宜しくお願いいたします。

お盆を、このように詠まれ、新鮮です。

添削:
「家覆ふ月光の海にいざ一歩踏入りて迎へむ亡き父母を」(あざみ)

(印象的ないい歌です。)


百千鳥2016/07/24(日曜)

>「杖突きし夫と野に聞く百千鳥よみがえり来るもろもろの声」(アン)
>野原に来て、夫といろいろな鳥の鳴き声を聞いていると、昔のことが思い出されます。

情景はよく想像出来ます。。。

添削:
「杖つける夫と百千鳥を野に聞けばよみがへり来る千の過去の声」(アン)

(いい歌です。)


スタ-トペ-ジに2016/05/05(木曜)

>「不幸なるニュ-スが人の興なりやネットの最初に不幸が並ぶ」(広夢)
>御指導ください。

このようにいい歌を詠まれる。この添削サイトはもうご卒業です。


さざ波2016/04/23(土曜)

>「さざ波に夕日の映えて鴎飛ぶ生れし子あり逝きし人あり」(あざみ)
>さざ波立つ夕日の海を見ていると、人類を育んでいる、小さくは私の家族も恩恵を受けていると感じました。宜しくお願いいたします。

人の世界もまた自然の一部ですから・・・。

添削:
「さざ波に夕日きらめき鴎飛ぶ。いま逝く人あり生まるる子あり」(あざみ)

(いい歌です。)


淡雪2016/03/14(月曜)

>「春の色川面にひかり淡雪をやさしく受けて静かに流る」(あざみ)
>河の色が変わってきました。淡雪もやさしく溶けていきました。宜しくお願いいたします。

春ですねぇ。。。しかし、まだ雪はちらついているようですね。お作のままですと、結句の「流る」の主体がはっきりしません。ですが、最小限の添削で済みそうです。

添削:
「春の色に川面はひかり淡雪をやさしく受けて静かに流る」(あざみ)

(いい歌です。)


無情の雨2016/01/29(金曜)

>「束の間に雪消え去りて庭土の無情の色を雨が濃くする」(みちくさ)
>やっと降った雪も瞬く間に消えて、季節不明の生暖かい雨の日です。

雪のあとの雨は、嫌なものですね。いい歌です。




姉妹2016/01/14(木曜)

>「出張で夫は留守なり娘(こ)とふたり姉妹のやうな時流れゆく」(夏子)
>夫は今日、県関係の新年会で大宮へ出かけました。娘とふたりで仲良く店をやっています。気を使う人がいないと娘ものびのびしています。

「旦那は元気で留守がよい」ですか・・・(^o^)。お気持ち、解ります。「姉妹のやうな」がいいですね。いい歌です。


大根2015/12/27(日曜)

>「おすそ分けの大根二本が切干とべったら漬けになりて戻りぬ」(夏子)
>近くに住む友に大根をおすそ分けしましたら、切干大根とべったら漬けになって届きました。専業主婦でも手作りをあまりしない人もいるようですが、先日も春に仕込んだ味噌も戴き、本当にまめな友が居てありがたいです。報告歌となりましたが。。

何かをお裾分けされても、姿を変えて戻ってくる・・・ほんと、徳の厚いお人ですね。

添削:
「お裾分けせし大根が切干とべつたら漬けになりて戻り来」(夏子)

(人情の交感があり、軽みのあるいい歌です。)


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24 :Edit by Yamamoto -