408332 - [トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[新着][目次][ワード検索][過去ログ][「良い歌ですね!」(2005年まで分)]

梧桐学の「良い歌ですね」

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ
*--- 短歌の題名 ---*
1. 青春と病   歩く速さ   耳を澄まして    鈴の音    盆提灯   良歌   メ-ル   翁長雄志    ねむり姫   睡蓮
2.S L    五月の風   交換日誌    蕗の薹   水仙    老い二人    三年間は       車椅子   洗濯もの
3.鉄杭   妻の   点滴   麦秋   傘寿   春の息    清みゆく   枝垂れ桜    脳梗塞   胸の傷跡
4.年賀状   冬のひかり   大根   月光   百千鳥    スタ-トペ-ジに   さざ波   淡雪   無情の雨   姉妹
5.大根   花火   秋晴れ   息子   秋風    天人菊    図書館   千の風   カレンダ-    鼓動
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

クモの糸2010/10/10(日曜)

紫陽花にこつそり張られしクモの糸捕らへ放さぬ雨粒さへも」(夏子)
今朝まで雨が降り、紫陽花を見ると知らぬ間にクモの糸が張られ、大きな水滴がたくさん乗っていました。捕らえられた獲物がもがくかのように、雨の粒がゆらゆらと揺れて。。

蜘蛛が巣を張る技術には感心します。糸に付ける、虫を捕らえるための粘液に、蜘蛛自体は身動きとれなくなることなく巣を張るのも不思議ですが・・・。お歌、もちろん雨粒が落ちずに巣についたままである理由と、ひっかかった虫が逃れられない理由は全然違いますが、それを同様に捉えられた視点が面白いし、新味がありますね。蜘蛛の巣に付いている雨の滴が、きらきらとして目に見えるようです。

添削:
紫陽花にひそかに張られしクモの巣は捕らへて放さず雨粒さへも」(夏子)

(いい歌ですね。)


幼子2010/11/04(木曜)

臥すママにそっと寄り来て幼子は「貸してあげる」とアンパンマン置く」(愛)
夏風邪をこじらせていた嫁もやっと元気になりました。しばらく子供の世話などで泊まりこみましたが、三歳になる孫が、気になるのかママの傍に来て、自分の一番お気に入りのぬいぐるみを「ママ、かしてあげる」と置いていきました。今日もよろしくお願いします。。


いじらしいですね。きっとアンパンパンの効果があることでしょう。。。いい歌だと思いました。。。


重さ楽しむ2010/10/01(金曜)

わが背なに身体を預けて寝入る孫をそっと揺すって重さ楽しむ」(すずむし)
孫は五ヵ月半ほどになり、先日私がお守りをし、昔のおんぶ紐でおんぶしました。2,3度ぐずったかなあと思ったら寝入ってしまいました。まだ軽いです。が、眠ると前より重みが肩にかかります。揺すりながらその重みを楽しみました。

起きているときはある程度重心位置を自分で調整しますが、寝入るとまったりと体全体を預けますまらね。

わが背(せな)に身体あずけて寝入る孫をそっと揺すって重さ楽しむ」(すずむし)

(お孫さんとの間の情の交流がよく伝わるいい歌ですね。)


お盆2010/08/17(火曜)

経唱ふ肩に気配を感じをり炎のゆるる盆の夕ぐれ」(たかこ)
お盆はとくに気をこめてお勤めしていますと。。蝋燭の炎も高くなっています。

亡き人を心に描きつつの読経なのでしょうね。そのとき、確かにあの世から降りてきておられる・・・。お歌で「経唱ふ」→「経唱ふる」(連体形)ですね。

経唱ふる肩に気配を感じをり炎のゆるる盆の夕ぐれ」(たかこ)

(いい歌です。)


広島の蝉2010/08/14(土曜)

平和式典報道に混じり鳴く蝉も戦禍をくぐり来しもの」(いずみ)
広島の平和式典の様子がテレビで報道されます。毎年、暑さをあおるようにたくさん蝉が鳴いていますが、広島の蝉は、原爆を乗り越えて命をつないできた特別な蝉の声なのだとふと思ったことです。


原爆投下当初は、100年は草木も生えないだろうと言われていたそうですね。65年後の今の広島の様子は・・・。蝉もそうですが、命というものの逞しさですね。(もっとも、今の核兵器の威力は当時のそれの比ではなく、数も大量ですから、全くの仮定ですが、今もし核戦争が起こったら、そんなことは言ってはおられないと思いますが。。。)

添削(改作例):
思へらく平和式典の背後で鳴く蝉も原爆くぐり来しもの」(いずみ)

(いい歌です。)


故郷1・22010/08/01(日曜)

妻と来て故郷に四日目を迎ふ巡り巡れば思ひ出怒涛」(白嶺)
学童期に朱夏の光を駆け抜けて日にけに泳ぎし友はまうなし」(白嶺)
7月25日から28日まで、妻と故郷沙留(さるる)を訪れ詠んだ歌です。添削よろしくお願いいたします。


ご夫婦の故郷は沙留(さるる)ですか。美しい名と音(おん)の町ですね。

一首目添削:
妻と来て故郷を巡ること四日なべてのものに思ひ出怒涛」(白嶺)

二首目添削例:
学童期朱夏の光を駆け抜けて日にけに共に泳ぎし友なし」(白嶺)

(二首とも、いい歌ですね。)


通り雨2010/08/01(日曜)

「古池が濁れる夏の通り雨緋鯉泳ぐがかすかにわかりて」(広)
古池が濁りやすいのかどうか?池によるでしょうから・・。


底が浅く泥がたまっていると、雨で濁りやすいでしょうね。

添削(改作):
夏の雨とほりて濁る古池に緋鯉の泳ぐ影がゆらめく」(広)

(改作の形なら、いい歌ですね。)


草履2010/07/25(日曜)

草履には亡夫(つま)の足型くっきりと残りて下駄箱にひっそり生きる」(りこりこ)
娘がプレゼントしたつっかけ草履に亡夫の足型がくっきり残っていて、捨てよう捨てようと思いながら未だに捨てられずにいます。


亡きご夫君の足型が残るつっかけですか。なかなか捨てられない筈ですね。。。お作、ご夫君の足型が草履に残って、今も下駄箱の隅に生き続けていると。なるほど、ご夫君の生々しい実在感が足型から感じられるわけですね。

草履には亡夫(つま)の足型くっきりと残りて下駄箱にひっそりと生く」(りこりこ)

(いい歌だと思いました。。。)


メモ紙2010/06/29(火曜)

亡き夫の喪服のポケットに残されし 父の葬儀の挨拶のメモ」(いいか)
夫の背広などを整理していると、折りたたまれたメモ紙が入っていました。89歳で父が亡くなり、4年後に64歳で主人が亡くなりました。「の」を繰り返し使っているのが気になります。宜しく添削お願い致します。。

ご父君はまあ天寿を全うされましたが、ご夫君は少々早く亡くなられましたね。このお作、心にひびきます・・・。

亡き夫(つま)の喪服のポケットに残されし父の葬儀での挨拶のメモ」(いいか)

(いい歌だと思います。。。)


手術2010/06/25(金曜)

病棟の窓に映りし平凡な景色の裏は手術中の母」(けいこ)
母の手術を待っている間のことです。


これは病棟の外に居て詠われたようですね?お母さんは、手術を受けられるほど重篤な病気にかかっておられるようですね。心配でしょう。お大事に。。。

添削:
病棟の窓に映れる日常の景色の向かふでオペ受くる母」(けいこ)

(お母さんの手術を待っておられるときの心理も反映されていて、いい歌ですね。)


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24 :Edit by Yamamoto -