歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ
656275

[写真の投稿方法簡単説明] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

ご投稿なさるときは下の「投稿する」ボタンをクリックして投稿フォームを開いてください。
  • ご投稿の際にはお好きなカップをお選びいただけます。一服してくださいね。

  • 容量のとても大きいサーバーに移転しましたので余裕があります。1度に合計2MB程度まで送信可能です。

  • もしデジカメで撮られた写真の縮小の仕方がわからないときはそのまま1枚だけ送信してみて下さい。
    2MB以下のものでしたら送ることが出来ると思います。そのときは気付き次第サイズを縮小させて頂きます。


タウン誌「月刊弘前」その2  投稿者: 医師脳 投稿日:2020/05/07(Thu) 10:34 No.4554
cup-11.gif あと半年です。





Re: タウン誌「月刊弘前」その...   医師脳 - 2020/10/01(Thu) 07:48 No.4581

cup-11.gif 月刊『弘前』の連載を終へ安堵せしが故郷つがるの遠くならずや(医師脳)

故郷の友人知人へむけて〈生存証明〉のつもりで、青森県の新聞やタウン誌へ駄文を書いておりました。
当分は盛岡暮らしだと思うので、これからも折々に書き送ろうと思っています。


父の思い出  投稿者: アン 投稿日:2020/08/18(Tue) 22:56 No.4578

お恥ずかしいのですが、読んでやってください。父は癌で亡くなりましたが、当時の病院は痛み止めを寿命を縮めますとなかなか出してくれませんでした。
激痛に耐えいる父をかき抱き母は痛みのすぐるを待てり
余命1週間と言われたときは母病院の大反対を押し切り、地元の赤ひげ先生のような先生にすがりました。先生はすぐに点滴の痛み止めを、これは身体をよくする薬だよと言ってしてくださいました。見る間に顔色がバラ色に戻り近所の同級生のおじさんが、楽になってよかったのう、と手をさすってくださいました。
ちぐはぐの靴下履きて夏の夜を過疎地の医師は母を見給う
それから一か月周囲の人にもお礼を告げ父は安らかに逝きました。
脈落ちて点滴注射の針立たず過疎地の医師は涙見せ給う
静かに手を合わされた、あの時の医師の涙は忘れることが出来ません。





父の思い出   たかこ) - 2020/08/19(Wed) 09:28 No.4579

cup-12.gif アンさん
お父上様のお優しい全ての人々を包みこまれる立派なお父上様でしたのね!お母さま貴女たちご姉妹に恵まれお倖せであられたとぞんじます。
アンさんの温かいお気持ちが伝わってきます。
私もこの年齢になり特に色々なこと思いだされます。義母も癌でなくなるまで大変苦しがり、後痛み止めを打ってもらえばとくやみました。
義母の事もあり母も癌で最後は苦しみましたので痛み止めをお願いしました。医師は時期がありますからと言われましたがもう時間のもんだいでした。
後兄嫁にいうと「そんなこと言ったの?」と言ってていました。
義両親を看取ってそう思ったのです。平成2年のことです。
母は武士のでで(太平記にも名前つらなっています)
嫁げばそこが貴女の家、どのような苦労も耐えなければとあまり口では申しませんが日頃から母の背で感じました。いただいた嫁は娘と芯からおもっていました。
明治の人間は信念貫いていましたが、現在では、生きていくのには。。?とおもいます。返って私事になり失礼します。




Re: 父の思い出   アン - 2020/08/19(Wed) 22:31 No.4580

たかこさんありがとうございます。歳をとったせいか、特に縁があって出会えたこの教室の方に、苦労続きであった父に何の親孝行もしないで逝かせたことが悔やまれ、せめていい父だったと知ってほしかったのです。たかこさんは姑さんにも、良くしてあげられたのですね。たかこさんのお人柄がしのばれます。私の姑も童女の心のままのひとでした。心臓の病気で息が苦しいのに、私を元気づける歌を歌ってくれました。
息細く姑は歌へり吾がために死に近き姑は歌う歌持つ
母が父にしていたように、私も姑を抱きしめて発作が来ると仏教讃歌を歌って過ごしました。


みえ子さん  投稿者: たかこ) 投稿日:2020/08/15(Sat) 17:44 No.4577
cup-12.gif みえ子さん
あたたかいコメント有難うございます。
脳梗塞で頑張っている主人の妹の息子です。義妹も介護施設に入居しましたので甥も少しは荷が軽くなったのですが、今の時代はスーパーや宅配もしてくれますが、少し身体も儘ならないところもあり、気になるのです。結婚して義妹と8年一緒に暮らし辛い思いもありましたが、生来呑気な性格で、、、
みえ子さんのブログ拝見し本も何冊か求めて読んでいます。
ご家族皆さんのこと、趣味、お友達と充実された毎日ですね!
多方面色々と活躍され、あれだけの本(年200冊)以上凄いですね!
素晴らしい方にお会いできました。大変でしょうが続けてくださいね!


カワラナデシコ  投稿者: アン 投稿日:2020/08/05(Wed) 23:47 No.4574

今日妹の家に行くとカワラナデシコが活けてあり嬉しくなりました。庭に咲いたそうです。この頃は桔梗もあまり見かけなくなりました。





カワラナデシコ   たかこ) - 2020/08/06(Thu) 11:26 No.4575

cup-12.gif 涼しそうですね!
バックの大作どなたの絵画?妹さん?




Re: カワラナデシコ   アン - 2020/08/07(Fri) 00:33 No.4576

たかこさん、声が聞けて嬉しいです。これは妹の主人が書いたものです。もうなくなっておりますが、妹も影響を受けて、こちらは花の絵を水彩で描いております。


短歌  投稿者: アン 投稿日:2020/07/21(Tue) 22:34 No.4569

「吾と娘の短歌並びて載りており娘の方が上手い気がする」(アン)
今日の朝日新聞の地方版に娘と私の短歌が並んで載っていました。娘は初心者ですが、どうも私のより良い短歌のような気がします。娘はコロナのことを詠んだのと思いますが。
私の短歌
木を抱けば癒されるとふ春山に登りて探す亡夫(つま)のやうな木
娘の短歌
もういいかい家に隠れて伺えどもういいよとの返事あらざり




Re: 短歌   みえ子 - 2020/07/22(Wed) 11:47 No.4570

母娘で選ばれるなんてなんてすてきなことでしょう。
きっとアンさんの影響で始められた短歌、アンさんの血を引き継いで、しかも若々しいフレッシュな短歌。
アンさんの歌もしみじみした余韻ののこる歌ですね
ご紹介ありがとうございました♪




Re: 短歌   アン - 2020/07/22(Wed) 21:39 No.4571

みえ子さんありがとうございます。ここで皆さんと会えることを楽しみにしています。みえ子さんの部屋も訪ねたいのに最近読書あまりしなくなったので…。しかし、ものぐさ教室で山本周五郎を、読み継いでおられる方があり、昔心酔していたことを思い出し、虚空遍歴や、日々平安などを読んでいます。また訪問しますね。何でも話せる場所があるって、ほんとに幸せです。ゆう子さんありがとうございます。




Re: 短歌   たかこ) - 2020/07/23(Thu) 21:53 No.4572

cup-12.gif アンさん母娘さんで選ばれる何て素晴らしい!
何時までもご主人様のこと思いますね。よく分かります。
娘さんの若々しいお歌私もこのようなお歌詠んでみたいわぁ。
ご紹介いただき有難うございます。
貴女のおっしゃる通り本当にゆう子さん有難うございます。




Re: 短歌   アン - 2020/07/23(Thu) 22:45 No.4573

たかこさんいらしてくださり嬉しいです。お惣菜など送られたり良くされるなあと、いつも尊敬しております。娘は結婚前は幼稚園の保母でしたので、こんな歌が出来たのだと、思います。本人は下手で恥ずかしいと言っております。


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -