現在から2017年2月、2004年6月から2001年10月までの短歌を収納しました

絵画、美術

今日の3首

「氷(ひ)の風に追はれ入り来し高層ビル内暖かく陶芸展観る」 「常凡の技から余肉を削ぎ落とし芯のみ残す熊谷芸術」 ・・・(ジャコメッティーの彫刻芸術のようだ。。。) 新仮名: 「かな漢字変換《くまがいもりいち》が一発で《熊谷守一》と出た」

今日の五首

機会あって子供3人(+嫁一人)が集う。 「あらためてわれに三人(みたり)の子のあること噛みしめてをり集ふを見つつ」 11月3日は晴れの特異日のはずが・・・。 「秋雨に濡るる文化の日となりて四千余人の叙勲ありけり」 雨水が舗道にさ迷う・・・ 「やや冷えて落ちくる雨や秋深き舗装路走る水の皺見ゆ」 春雨のような秋の雨に・・・ 「しくしくと降る秋雨を吸ひ取れる土壌の慈愛が人をも恕(ゆる)す」 神とは、その […]