現在から2017年2月、2004年6月から2001年10月までの短歌を収納しました

口語新仮名

1/2ページ

今日の十首

(口語新仮名): 「イラクとかパレスチナとかでの余りにも軽い命は食傷気味だ」 (口語新仮名): 「一命は地球より重いはずなのに筈なのに重いはずなのになぁあ・・・」 「直腸の狭窄症とて腹切られ内蔵切られて病み臥す兄よ」 「わがHPに歌寄せくるる男(をのこ)たちことごとく皆 Degital Friends(ディジタルフレンヅ)」 「わがHPに歌寄せくるる女性(にょしゃう)たちことごとく皆 Degita […]

今日の二首

「髪型で女性はこうも変わるものかと美容院帰りの妻を見ていた」 (口語新仮名) 「生命は<性>を得てより進化速む。されど死も得しと学説に言ふ」

今日の歌

「人間の悪業表す語は強く響く惨殺拷問虐待・・」 「イラク人虐待加担に女兵ありと大仰に報ずる目的は何」 「虫けらと思わなければ3千もの収容イラク人を御(ぎょ)せないだって?」 (口語新仮名) 「虐待を謝罪することすなはちこれ民主主義とぞ愚もつかぬ詭弁」 「元凶を辿れば大儀なき侵攻 武力頼みのドンキホーテさ」 高階より庭を見る:- 「俯瞰する庭木に夕日の当りゐて緑葉蜜蝋のごとく照り映ゆ」

今日の歌など

「朝戸出にあふぐ真青な中天に完全無欠の半月貼付く」 「上方から日本刀にてたち割りし月の左半が朝空に残る」 「白き円カミソリをもて真二つに切りし一半 今朝の月かな」 口語新仮名: 「青なのに行かない前車へクラクション。ぎくりと発車しバックミラー見てる」 {独り言:交叉点で、信号が青に変わっているのに、考え事か何かをやっていて気付かず、なかなか出ない前の車にジレてクラクションを鳴らすと、ハッとしたよう […]

今日の歌

口語新仮名短歌:- 「あーきれいと妻が指差す紅葉(もみぢ)山サングラスにてさらに色増す」 ------------ 「早出(はやで)してサイドミラーに旭日(きょくじつ)が反射するさえなぜかうれしく」 「ドライバーを信頼し切った感じだな おばあさんよぼよぼ道路横切る」 ------------ 「路地裏をゆっくり行くに脇道より突如飛び出す無灯自転車」