2009年から2006年までの短歌の一部はまだ収納出来ていませんが、アクセスして頂いた当日と同じ日付の過去の短歌を見て頂けるようにしました。サイドバーからどうぞ!

死生観・宗教・思索、歴史

1/26ページ

孫ら

孫ら去りまた来ては去る新しく生まるる孫もありてよろしも あっけなく転がる蝉の亡骸(なきがら)の陽に灼かれつつ物をこそ思へ 過去といふ影絵の上に今を生き向かふは未来とふまぼろしの洞(ほら) ———————– 人間界俯瞰し適確に制御する存在なきが不幸の根源

1 26