短歌を楽しむ

梧桐学作成の短歌の手引き書です。PDFファイルです。下のリンクをクリックすると別ウィンドウで開きます。
 
短歌を楽しむ
 
短歌とは
・音節(シラブル)が(原則として)五・七・五・七・七の五句31音からなる、日本古来の定型短詩。元は長歌に対する反歌(和歌)
・ 千三百ー千五百年の歴史
・ 知られる最古の和歌は・・・・・
古事記の中の須佐之男命歌
「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を」