一括表示

文字のサイズ変更:

初夏の朝 投稿者:りょうさい  

「初夏の朝洗濯物に専念す夜明けとともに風にたなびく」

「青梅が青葉のかげに揺れている梅雨の合間にもぎ取りに励む」

梅雨とは言え夏日の数日、田舎で庭仕事で過ごしました。
暑さを避けて早朝から午前中に動きます。
2首になりましたがよろしくお願いします。

2021/06/10(Thu) 21:07:31  [No.75098]


Re: 初夏の朝 投稿者:あおぎり  

>「初夏の朝洗濯物に専念す夜明けとともに風にたなびく」(りょうさい)
>「青梅が青葉のかげに揺れている梅雨の合間にもぎ取りに励む」(りょうさい)
>梅雨とは言え夏日の数日、田舎で庭仕事で過ごしました。暑さを避けて早朝から午前中に動きます。2首になりましたがよろしくお願いします。

「暑さを避けて早朝から午前中に動きます」と。賢明ですね。

添削:
「暁暗(あけやみ)に衣類の洗濯に専念す夜明けとともに風にはためく」(りょうさい)
添削:
「青梅が青葉のかげに揺れてゐて梅雨の晴れ間にひたすらもぎ取る」(りょうさい)

2021/06/11(Fri) 00:03:44  [No.75107]