現在から2017年2月、2004年9月から2001年10月までの短歌を収納しました

今日の一首

「青い耳ふさふさ白毛の小犬ゐて走って止まって後足(あとあし)を上ぐ」(梧桐) 青い耳の、白い毛ふさふさの小犬を見ます。通勤路の途中にあるペット犬店です。たまたま交差点の角なので、信号待ちの時にじっくり見るのです。元気にちょこちょこ走り回る様子は、たくさんの犬の中で一際愛らしく見えます。後足を上げておしっこする様も、それはもう可愛いのですよ。 耳が青い犬なんて居ませんよね。じゃ、これは何ですかねぇ。 […]

今日の一首

「ふと頭上にはばたく音し白鷺がおほきく揺れて電線にとまる」(梧桐) これは通勤途中の実景で、雀はおろか鳩よりよほど大きい白鷺が電線にとまった、そのことに驚き、また感動したのでした。

「隣り合ふ組ごと目には見えぬ壁立ててレストランに幾多の世界」(梧桐) 隣り合うテーブル同士、お互いに声は筒抜けなのに、相手グループのことには無頓着。このことにふと気づいて、ちょっと妙な気分になった。

「錆にほふ鉄骨ビルの片隅にこほろぎ鳴けり 息ひそめ聴く」(梧桐)

1 122