現在から2017年2月、2004年6月から2001年10月までの短歌を収納しました

春めく

「日々春めくことのうれしさしかすがに去りゆく冬の寒さも惜しき」(梧桐)