岐阜県関市21世紀の森公園の株杉

岐阜県関市21世紀の森公園の株杉

株杉は人が杉の木の伐採を繰り返し、そのたびに幹から萌芽が生まれ育っ て大きく成長してできたのだそうです。日本でもこんなにたくさん(100株ほど)の株杉が自生しているのはここだけで、 1本の株が地上2~6mの位置で複数に枝分かれし、多いものでは20本以上の幹が伸びているそうです。 樹齢400~500年、株の直径が1mを超える巨木も30株もあるようです。