407962 - [トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[新着][目次][ワード検索][過去ログ][「良い歌ですね!」(2005年まで分)]

梧桐学の「良い歌ですね」

歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ
*--- 短歌の題名 ---*
1. 青春と病   歩く速さ   耳を澄まして    鈴の音    盆提灯   良歌   メ-ル   翁長雄志    ねむり姫   睡蓮
2.S L    五月の風   交換日誌    蕗の薹   水仙    老い二人    三年間は       車椅子   洗濯もの
3.鉄杭   妻の   点滴   麦秋   傘寿   春の息    清みゆく   枝垂れ桜    脳梗塞   胸の傷跡
4.年賀状   冬のひかり   大根   月光   百千鳥    スタ-トペ-ジに   さざ波   淡雪   無情の雨   姉妹
5.大根   花火   秋晴れ   息子   秋風    天人菊    図書館   千の風   カレンダ-    鼓動
6.冬と春    春雨   白椿   交差点    夜明けの光    ヒロシマ宇品線    紅葉   早春      
7.    巣立ち   おかえりなさい       梅園   静けさを見る    春の雪   胡蝶蘭      杉の香
8. 寒い    林檎    鮠(はや)   賽糂   壁色    散水する妻   おやすみ    号令      病む
9.雨戸    熱燗      陽射し   蝋梅の蕾   木の手摺り   ひとり言   義母      遠花火
10.   セシウム被害   朝顔の花   妻の死      おもちゃの金魚   花柄浮かぶ   新しい扉   雑草   時計
11.洋上慰霊に参加して   波のひかり   名前       温暖化   想い出   幼き頃   (新仮名)   空間   春の訪れ
12.洋上慰霊に思う   大晦日に   平均年齢    コポコポ      九十七歳   手話   十二月八日   ハロ-ワ-ク   眠る
13.クモの糸   幼子   重さ楽しむ   お盆   広島の蝉   故郷1・2   通り雨   草履    メモ紙   手術
14.かくせない   どしゃ降り    於 老人福祉センタ-   なかば   天気予報   軍事郵便      定位置   枯葉   
15.   逢う   亡父への想い   捜し物   爪の半月    タオルケット   椋鳥   伯母の戦   宇品線跡    大漁旗
16. 母の日に    お下がり   父母-3    一日   5月の空   文の束   鶯の声   終の棲家   義母2   
17.住所録   街の風景   それは変   形見   夕陽と富士山   限り有る生命(いのち)   木々の芽   ぐるりと包む      春が漂う
18.ぐるりと包む   春が漂う   木々の芽      蕗の薹   赤い灯   雪の夜    冬鳥   花の先生   十円玉
19.折り紙の鶴   新春の風   御節準備   手術   年賀状   心の渦   冷え込んだ朝   遺書   みの虫   醒まさじと
20.エベレスト街道   復元ポイント    少女の指先    味噌汁      ふたりぶん   幸せ   番蝶   負けた   木洩れ日
21.りんご   母の死   萼あじさい   梅雨明け   あの世でも   清涼をよぶ   献血ル-ム      健康サンダル   和服ダイエットP10
22.よくあること - 26    空も雨も   紅の薔薇   夕映え   握手   孫の机   夕日    母との別れ    確かな位置   母の想ひ
23.染井吉野   買いたい物   写真の父に   初蝶   落ち椿   雪だるま   蕗の董   ひとりぼっち      夜の雨
24.自己主張   告知されし日   手を繋ぎ   母の目   野良頭巾   墨擦り始む   雨降る   白髪   こたつで   緑茶
25.背伸び   ス-パ-に   反省   波飛沫   神無月雑詠-1   露天風呂   母の苦労   里芋の露    百度道   奥の細道 葡萄峠
26.蝉時雨    蝉時雨      一行だけのメ-ル      日々の生活   手を握る       山寺に   姫シャラ
27.固まる   わが情け   吾果つるまで   完成   折りたたみ傘   廃線後      メ-ル   母の日傘   喪失
28.夜→朝   ビルの窓   駅の鏡   穏やかな夕暮れ   儚くて   炭火の暖   リズム   ひとひらの黄落      冬至を過ぎて
29.湯船   ロールキャベツ    招き猫   戦後   山茶花   雨音   小雪舞ひ輝る   鰰(ハタハタ)   自転車パート2    黄に染まりゆく
30. 静かな   降誕祭   斜陽に   あ〜あ   高空   マフラー   金柑   四季桜ー2   墓参帰り    昔のこと
 新着の期間  [5ページまでの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

2011/10/02(日曜)

「「お父さん、小さくなったね」と両肩に手を置き妻はしみじみ言へり」(白嶺)

今朝のことを詠みました。年齢とともに背は低くなり、筋肉は衰えていきます。添削よろしくお願いいたします。。


「年齢とともに背は低くなり、筋肉は衰えていきます」と。そうだと思います・・・。お作のように言われる奥さんもまた・・・。お歌から目に浮かぶイメ-ジ、素晴らしいです。

「「おとうさん、小さくなったね」と両肩に手を置き妻はしみじみと言へり」(白嶺)

(いつも大抵はそうですが、これもいい歌ですね。)


セシウム被害セシウム被害 投稿者:あおぎり 投稿日:2011/09/16(金曜)

ずり落ちし眼鏡突き上げ追ふ記事はセシウム被害の広がり告ぐる」(愛)

原発事故による放射能汚染は、隠していたのか、分からなかったのか、日ごと広がりが明らかになっていくようで、身震いするような気にさえなります。まだ海の汚染は伝えられていませんが、除染に使う水は海に流れていくはずなので魚や海草、貝類など大丈夫なのかなと疑いたくなるのです。。


海への流出阻止の対策はやるようですが、これからですね。陸上では、排除した汚染土・汚染物質の処理・隔離場所が決まっていないことが最大の問題ですね。(今は臨時に適宜の場所に保管しているようです。)取り敢えず除染作業は急がなくてはなりませんが・・・。お歌、前半がお上手です。

添削:
ずり落ちし眼鏡突き上げ目に追ふはセシウム被害の広がりの記事」(愛)

(いい歌です。)


朝顔の花2011/08/19(金曜)

老いてなほなすべきことは多けれどとき来れば閉づ朝顔の花」(広)

小旅行終へて帰れば荒地までコスモス咲きて秋深み行く」(広)

健康で長く生きたいものです。いまだ街にいます。今日もお願いします。


しばらく奥さんとともにゆっくりされることでしょう。それがまた「健康で長く生きる」秘訣の一つかもしれません・・・。第二の住まいに戻られることを「旅」(小旅行)と言われる。ちょっと寂しい感じがしますね。

老いてなほなすべきことは多けれど時来れば閉づ朝顔の花」(広)

添削:
小旅行終へて帰れば荒地までコスモス咲きて秋深みをらん」(広)

(一首目はいい歌ですね。二首目も悪くありませんが・・・。)


妻の死2011/08/07(日曜)

父さん用と妻が残せしノ-トあり レシピ書いたる字は震えおり」(剛志)

先生「妻の死」続きの1首です。初めての駄作4首を早速お読み下さりありがとうございました。これから始めたいと思っていますので、どうか添削ご指導をお願いしたいのです。


今回も切なさ波なすお作ですね。。。

添削:
「父さん用」と妻が残ししノ-トには震ふる文字にてレシピ書かるる」(剛志)

(いい歌ですね。)


2011/07/11(月曜)

手袋を通して爪に入りし土を落としてひと日の農事を終へる」(広)

向日葵とコスモス一輪咲きをれど花に馴れたる土地の人々」(広)

夏になりましてから暑くて昼間は農業ができません。草が生えて気にしています。2首ですがご指導ください。


真夏の真昼間は、畑仕事は無理でしょうね。雑草は平気でどんどん伸びますが・・・。手袋と言われるのは、おそらく軍手でしょうね。それで「手袋を通して爪に入りし土」なのでしょう。。。

添削:
手袋を通して爪に入りし土を落とせり今日の農事の終りに」(広)

添削:

向日葵とコスモス一輪咲きをれど土地の人々気にも留めざる」(広)

(一首目、いい歌です。)


おもちゃの金魚2011/07/07(木曜)

幼らの去りて浸かりし終ひ湯におもちゃの金魚チョコンと浮かぶ」(愛)

息子家族が来たら夕飯を食べて風呂に入って帰っていきます。昨日はおもちゃの金魚が風呂にポカリと浮いていました。孫達のこと思い浮かびました。先生いつもありがとうございます。またご指導下さい。


前にアンパンマンの傑作なお歌がありましたが、この歌も対象の掬いとりが上手いですね。なお、画像BBSへご投稿の愛犬(チワワ)の写真、拝見しました。かわいいですね。座布団に座って、大事に大事にされて、犬も幸せそう・・・。

添削:
幼らの去りたるのちの終ひ湯におもちゃの金魚がピョコンと浮かぶ」(愛)



(いい歌です。)


花柄浮かぶ2011/06/22(水曜)

昨日に続き今日も蒸し暑い天気ですね。昨夜は近所の方に誘われて私の家から1キロぐらい離れた所の山の麓にある谷川まで蛍狩り行ってきました。谷の両側の土手に沢山の蛍が光っていて綺麗です。目を充分に楽しませてくれました。

投稿:「
ハンカチに孫が包みし蛍火の明りに赤き花柄浮かぶ

註:孫は隣りの方の孫娘です。僕の孫は二人居ますが、共に成人してます。。


お宅の近くに、蛍の里があるのですね。楽しまれて何よりに存じます。お歌で、蛍火にハンカチに描かれた花柄が浮かんだのですね。幻想的で、かつ美しい光景です。

添削例:
はにかみて少女が包む蛍らの明りにハンカチの花柄浮かぶ」(多朗)

(いい歌だと思いました。)


新しい扉2011/05/19

新しい扉を押して行くように泣いて目覚める嬰児と過ごす」(アン)

子育てしたのははるかむかし、今わくわくとおそれながら嬰児と過ごしています。



散文ですが、「わくわくとおそれながら」は少々変ですね?お孫さんの世話、新たな感動を味わっておられるようですね。泣きながら目覚めるたびに、嬰児は(人生の)新たな扉を開いていくようだと。。。

(新仮名):
新しい扉(と)を押し開くようにまた泣いて目覚める嬰児に添う」(アン)

(いい歌だと思いました。)


雑草2011/05/19(木曜)

この世には雑草はなきを知りながら草の命を奪いておりぬ」(タイム)

昭和天皇が、雑草というものはないと言われたことを思いながら、草取りをしました。よろしくお願いいたします。。


確かに「雑草」という名の草はありません。有難くもなく勝手に生えてくるという、人の都合での大掴みな呼び方ですから。「雑草魂」とか、良い意味で使われることもありますが・・・。



添削:
雑草などなしとふお言葉憶(おも)ひつつ草の命を奪ひてをりぬ」(タイム)

((この形で)いい歌です。)


時計2011/05/14(土曜)

部屋ごとの時計にわずかの遅速ありすべてゆるして共に歩まん」(勘太郎)>すべての部屋にはなにかしらの時計をおいてありますが、進んでいるのもあれば遅れているのもあります。自分の日常にもそんなことがあるんだな-などと思いながらの一首です。。


我が家にも幾つかの時計が置いたり壁に掛けたりしてありますが、電子時計のように常に正しいもの、逆に柱時計(振り子時計)のように5分ほど進んでいるもの、そのほかのものも進み気味にしてあります。勘太郎さんに比べてせっかちなのでしょう。。。もとより、そんなに生き急ぐことはないのですが・・・。

部屋ごとの時計にわづかの遅速ありすべてゆるして共に歩まん」(勘太郎)

(いい歌です。)


[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24 :Edit by Yamamoto -