短歌添削BBS1
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

文字のサイズ変更:

Re: 鴬 投稿者:あおぎり

>「常ならば初音楽しむ早春(はる)なのに竹藪失せて鴬いづこ」(つれづれ)
>「鴬の声聞けぬとは崖崩れの災ひ人に自然にも大と」(つれづれ)
>毎年鴬の初音を楽しみにしているのに、今年は???と思っていましたが、当然です。鶯の住処の竹藪ががけ崩れ事故で無くなってしまったのですから。災害は人の生活だけでなく自然環境も変えてしまうことに今頃気づきました。2首になりましたが、宜しくお願い致します。

がけ崩れはお宅の近くでしたか?鶯も消えたとは、ひどいがけ崩れでしたね。最近大分でも大きな土砂崩れがあり、人命が失われ家屋も倒壊埋没したようですが。

添削:
「常ならば初音楽しむ春なのに竹藪失せて鴬は来ず」(つれづれ)
(改作例):
「崖崩れの被害は人のみにあらずして鴬の声さへ奪ひてしまふ」(つれづれ)

2018/04/14(Sat) 21:03:20  [No.57716]


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)