歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ

白川郷ライブ小旅行
「カナカナのかなかなかなに慰むや合掌造(がっしょうづくり)と濁流荘川(しょうかわ)


御母衣ダム荘川桜
「高鷲村(たかすむら)分水嶺地点に記しあり。左太平洋、右日本海へと」



「日本の背骨の上に湧き出づる小流れ左右に別れつつ愛(は)し」



「御母衣(みぼろ)とふロックフィルダム満々と水湛へつつ波も渦もなし」

「満々たる御母衣ダム湖の濁り水 湖底に沈む村押し潰す」

「何百の合掌造りが消え去りてその怨念がダム湖を濁す」

「佇めり大樹荘川桜の下 樹齢四百に威圧されつつ」



「ダムに沈む悲劇なりしに人々の愛が老桜(ろうおう)二本を生かす」

「生かされて荘川ふた本桜かな湖底の村の魂(たま)を鎮(しづ)めよ」



「厳粛な老桜に寄りわが妻はにこにことして写真に写る」

「巨大ダムその背面は荒寥の岩肌のみなり河水はいづこ」



「苔むした荘川桜は枝ひろげ今日も明日も湖底見下ろす」

添削:
「再生の荘川桜苔生(む)して繁る枝葉がダム湖見下ろす」

「山間の巨大な異物に驚きぬ岩で築きし御母衣(ミボロ)ダムなり」



添削:
「山間に岩積み上げて水を堰く異物は巨大な御母衣(ミボロ)ダムとぞ」

「今日梅雨明け あまたの岩でせき止めた御母衣(ミボロ)ダム湖の水はにごれる」

添削:
「梅雨末期の雨があふれて濁りたる御母衣ダム湖に流木溜まる」