歌集紹介 短歌教室 短歌収納庫 短歌添削BBS1 短歌添削BBS2 梧桐学のいい歌ですね ものぐさ談話室 ものぐさBBS ものぐさ歌会 ものぐさ写真館 ものぐさリンク集 プロフィール メール送信 トップページへ
お客様の歌

「ものぐさ」を訪ねてくださったお客様の作品と
梧桐 学の提案を記録しました。
2000年11月30日
お茶さん
恥ずかしい話し、、
無教養はどうしようもないですね
句をいただいても、句をお返しすることも出来ずにいます

「無教養 穴があったら はいりたい
             それでも懲りず また墓穴掘る」


12月1日
梧桐 学
--うわ、これ 五-七-五-七-七 になってる。
短歌形式の川柳ですね。参った、やられた、といった感じです。
やむなし!お返しを・・・・
「教養で 掘った穴など どしどしと 短歌を作って 埋めちゃいましょう」

12月17日
お茶さん
お返しされても、戻せない悲しさ・・・で短歌川柳、、狂歌といきますか
「恥を知るはずだったのに歳をとり
           素顔にもどる化粧落とせず」


続けて、、、思いとして
とっても幼稚だけれど・・・転嫁

「薩摩の地空焦がす山胸の火に 飛び火となって萌ゆる思いを」

梧桐 学
「恥を知るはずだったのに歳をとり素顔にもどる化粧落とせず」
・・・「ふさわしい顔の化粧の厚さなら開き直って恥も食い得」

「薩摩の地空焦がす山胸の火に 飛び火となって萌ゆる思いを」
!!ムム!!これは純粋に短歌ですね。むむむ、初手からなかなかやりますねー。
それに「萌ゆる思い」てのが少々気になりますねー。まあ、ともかく・・・
・・・
「桜島噴く火は隼人の末裔の燃ゆる思ひか空を血に染め」

12月8日
ぺぺさん
ボキャ貧のぺぺですが、初登場で初挑戦!
まずはもっとも身近な題材から。。。

「安らけき天使の寝顔に寄り添いて 夢に胸馳せ 聖夜近付く」

梧桐 学
ほんとに初めての作歌でしたら、う〜ん、うまいですねー。第4句「夢に胸馳せ」がちょっと分かり難いのが残念です。あなたが30位の若い女性であるとして、第1〜3句からは、幼い子供に添い寝する母がイメージできます。たとえば・・・・・
「幼子は天使そのもの眠りつつ笑うは夢にサンタ見ている」(口語定型短歌)
とか、
「胸の中吾子は天使の寝顔すもふと笑ふさへ聖夜の気配」(文語定型短歌)
とでも歌えば、よく分かると思います。(吾子=あこ)
さらに挑戦を続けてください。すじを感じます。

2001年1月2月へ